職場で信頼関係を築く

職場の同僚との人間関係をしっかり築くことは、しっかりとした看護サービスをするためには欠かせないことです。毎日の職場での生活を良いものにするためにも人間関係を良くするできるだけの努力をするべきです。やはり、ちょっとした思いやりの気持ちを持って同僚に接するだけでも相手にプラスの影響を与えることができます。看護の仕事に慣れてきたら、自分のことだけでなく、周りの同僚の仕事ぶりについても配慮することは経験の多いナースにとって大切な処世術です。普通に仕事をしている人でも、現実は同僚との人間関係の悩みを抱えてしまっている場合があるので、積極的に後輩と話す機会を持つようにしましょう。後輩の看護師にアドバイスを送るときは、まだ自分の経験業が浅かった時の過去の自分のことを思い返して、的確な言葉でアドバイスをするといいです。また、経験の多い自分には簡単にできる看護の仕事でも、新人にとっては難しいものなので、決して上から目線でアドバイスをするのではなく、相手を傷つけないように配慮することが重要です。また、将来良い看護師になってもらうためにも、温かい言葉で後輩を育てる気持ちを持ちましょう。やはり、若手の時にきちんとした指導をすることで、テキパキ看護ができなかった人でも素晴らしい看護のスキルを持った人に変えられるものです。また、言葉で看護の仕事の方法を伝えることも重要ですが、まずは自分の行動で看護の素晴らしさを教えるようにした方が、相手に伝わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です